夏井大斗のその後・2

「夏井くん、なにをしているの?」 「あ、南美ちゃん」  ここは町立の図書館。  今日はメルがワクチン接種で家にいないため、読書地獄から逃げるためにやってきたのだ。  まあ、逃げた先が図書館だから逃げたとは言いきれないんだ […]

夏井大斗のその後

「うああああ、助けてショッパ!」 「ほーら、こんな簡単なことで弱音を吐かない!」 「吐かせて!」 「ダメよ! だって、ヒロトは三代目探し物屋なんだから。それに、一人前の探し物屋になるって言ったじゃない」  言った!  言 […]

雲雀ジュンと水無瀬政紀

「だーかーらー! もっと素直になれってば!」 「い、いや。だってさあ」 「だってさあ……、じゃないよ! せっかくアカリちゃんが遊ぼうって誘ってくれたのに、サボるってのかお前!」 「サボるわけじゃ、ないけどさ……」 「だっ […]

流星アカリのその後

 二ヶ月前、私はなくし物をしてしまって、一ヶ月間、行方不明になっていた。  その間にたくさんの人にお世話になったんだけど、その人たちは毎日朝から夕方まで川の中に入ってはなくし物を探す私をすっごく心配してくれていたから、そ […]

風さやぐ森で微睡む

 燦々と降り注ぐ太陽の光が木々の隙間から森へ差し込む。  精霊と魔物が棲まう森――魔物の森に、近隣の村に住む子供たちが遊びに来ていた。時間は昼時を過ぎた頃。各自家から持ってきた弁当を食べ、昼寝をしている子供の姿も見受けら […]